【下っ腹ダイエット】筋トレでお腹をひっこめる方法

更新日:

下っ腹がポッコリ出ていると
服の上からでも見栄えが悪いですよね。

男女ともに気になる事だと思います。

そこで、この記事では下っ腹を引っ込める
筋トレメニューと下っ腹が出る原因について
まとめていきます。

下っ腹がポッコリする理由

まずは、理由です。

理由を突き止めなければ
いつまでも改善させられません。

そこで、下っ腹がポッコリする理由を
調べてみると大きく2つある事が
分かってきました。

  • 筋力不足による内臓のズレ
  • 骨盤のスレ

下っ腹がポッコリする理由の
最も大きな理由はこの2つです。

下っ腹が出る理由1:筋力不足

これが最大の要因との事です。

腹直筋の下のほうと腹横筋の
筋力が低下してくると
重力によって内臓が下がってきます。

また、お腹には構造上骨がないため
体や内臓を守っていくためにも
脂肪が付きやすくなっています。

下っ腹のポッコリを解消するには、
やはり、筋トレの必要があります。

下っ腹が出る理由2:骨盤のズレ

骨盤のずれも大きな要因です。

筋力不足と同じで、骨盤がずれると
内臓の位置も下に下がってきます。

骨盤のずれは女性だけでしょ!?
と思われそうですが大きな間違いです。

男性にも骨盤のずれは起こります。

例えば、仕事がデスクワークの場合、
骨盤はどんどんずれていくのです。

下っ腹ダイエットの方法

原因が突き止められたので、
後は効果的な筋トレを実践していき
お腹を引っ込ませていきましょう。

  • 筋トレによる筋力アップ
  • 柔軟による骨盤の矯正

この2つを取り入れていきましょう。

下っ腹筋トレ1:ニートゥーチェスト

この筋トレメニューでは
腹直筋、主に下腹を中心に
鍛えることができます。

動画では座って行っていますが、
立って足を胸まで引き上げる方法でも
同様の効果を得る事ができます。

下っ腹筋トレ2:ドローイング

ドローイングは基本的に
お腹を引っ込ませる事を意識して
取り組んでいけば大丈夫です。

  1. 息を吐きながらお腹を限界までへっこませる
  2. 5秒から6秒キープ
  3. 息を大きく吸い込む

ドローイングはスキマ時間に
取り組む事ができる点も大きいです。

一般的な腹筋メニューと違い
ドローイングはインナーマッスルを
鍛えていくためのメニューです。

そのため、効果が見えずらいのですが
確実にお腹はへっこんでいきます。

下っ腹を含め、筋力が弱っている方は
継続していく事をおすすめします。

下っ腹筋トレ3:V字腹筋

他にも筋トレメニューはありますが、
いずれも腰に負担がかかる方法が多いです。

まずは、基本となるニートゥーチェストで
基礎筋力を高めていきましょう。

満足いく結果が出てきたら、
こちらで紹介している腹筋メニューを
実践していく事をおすすめします。

V字腹筋の効果と具体的なやり方!腰痛に注意

続きを見る

特に、足の間に物を挟む
応用編をおすすめします。

かなり下っ腹に効きますよ!

下っ腹筋トレ4:ドラゴンフラッグ

ドラゴンフラッグができる方なら
下っ腹が出ている事はないでしょう。

参考までどんな方法なのかは
こちらからご覧ください。

最高峰の負荷をかけられる腹筋メニューです。

【ドラゴンフラッグ】筋トレ初心者は腰痛の危険!ベンチなどを使った自宅でのやり方

続きを見る

下っ腹筋トレ5:骨盤ゆがみ改善

私は学生時代からの腰痛持ちでして
治療に長年通ってきました。

しかし、これらのストレッチをする事で
かなり症状を楽にする事ができました。

腰痛持ちの方にもおすすめです。

このストレッチはかなり効きます。

まとめ

下っ腹が出てきているという事は、
運動不足である可能性が高いです。

運動をしっかりされているのなら
まずは食事の改善をしていきましょう。

3ヶ月で10キロ痩せた蒸し野菜ダイエットのメニューを公開

続きを見る

運動不足になっているという場合は、
紹介したメニューをコツコツこなしましょう。

まずはニートゥーチェストと
ストレッチから始める事がおすすめです!

ダイエットで失敗しない3つの条件

あなたはモテBODYを作るための3つの条件をご存知ですか?

なぜ、ここまで身体が変わるのか?その秘密は・・・

今すぐに3つの条件を確認する

※現代人は●●●●なので要注意です!だからダイエットで失敗します

無料プレゼント!カリスマトレーナーが教える自宅トレーニングの方法

期間限定で3,000円のトレーニング教材が無料

ワンクリック⇒LINE@友だちに追加!

無料でプレゼントを受け取る

※教材プレゼントは予告なく終了します!

\ボタンをクリックして記事をシェア/

Copyright© 筋トレ部 , 2019 All Rights Reserved.