筋肉を大きくする超回復の原理とは?

[記事公開日]2013/07/01
[最終更新日]2016/05/23

筋肉の肥大化について調べると、
超回復というキーワードが良く出てきます。

超回復について深く調べると、
本当だ!という人もいれば、
嘘の理論だ!という人もいます。

はたして、どうなのか?
超回復理論とはなんなのか?

という事をまとめていきます。

個人的には、超回復はあると思っています。

筋肉痛になってる時に、
ハードトレーニングなんて無理で、
筋トレをするやる気すら起こりません。

私と同じように、超回復に関する
情報をお探しの方は、参考にして頂きたいです。

Sponsored Link

超回復理論とは何なのか?

ちなみに、私が超回復という言葉を
初めて知ったのは、アイシールド21という
アメフトの漫画を読んでいた時です。

通常の倍以上、筋肉を傷めつけることで、
通常の倍以上、筋肉が強く回復する。

簡単にいうと、こんな内容でした。

この内容はあくまで漫画を面白くするための
脚色が入っている内容です。

では、実際の超回復理論とは、
どんな内容なのか、見ていきましょう。

筋肉を強くするためには、
筋肉トレーニングをしていきますよね。

筋トレをすることによって、
筋肉痛になると思います。

筋肉痛になっている状態は、
筋繊維が破壊された状態のことを言います。

傷ついた筋繊維がもとに戻る事で、
筋肉は以前より強くなっていく事を
「超回復」と呼んでいるそうです。

まとめると、筋肉痛になったら、
筋トレは休憩した方がいいぞ!という事です。

ちなみに、筋繊維はトレーニング後、
48~72時間ほどで修復されるそうです。

supermuscle

出典:http://athletebody.jp/2013/07/02/supercompensation/

超回復は本当に存在するのか?

この超回復理論は、情報の出所がわからず、
嘘だ!という論議になっているんだとか。

ただ、よく考えていけばわかる事で、
疲れたら、睡眠をとるのと同じで、
筋肉も疲れたら休ませるべきなのです。

ごくごく当たり前のことですよね。

超回復とは、休憩のことだと考えています。

筋肉痛になっているという事は、
ちょっと動かさないで!という
筋肉からのメッセージです。

筋肉のメッセージを無視していった場合、
披露がどんどん蓄積していき、
筋繊維はどんどん破壊されていきます。

修復する時間がないのですから、
慢性的なだるさを感じることになっていきます。

私の場合、1回のトレーニングで、
徹底的に筋肉を追い込んでいきます。

その後、期間は定めずに、筋肉痛が
しっかりと取れるまで休憩します。

1週間休むこともあれば、
2日後からトレーニングを再開する事もあります。

トレーニングを始めたばかりの時は、
少しでも早く結果を出すために、
無茶をしてしまう事があります。

休憩をとるという事も
トレーニングだと思ってください。

その方が、効率的に筋肉が肥大化していきます。

ダイエットに取り組み始めたときは、
モチベーションが高くて、何かしていかないと
手持無沙汰を感じることがありますが、
じっくりと休みを取ることもとっても大切です。

Sponsored Link

超回復のまとめ

時には、休憩が必要という事です。

こういう動画を見ながら
モチベーションを高めていきます。

Sponsored Link