腹筋ローラーでバキバキの腹筋へ!おすすめの回数は?毎日がおすすめ?

[記事公開日]2016/04/05
[最終更新日]2017/02/19

ブログの読者様からご質問を頂きました。

腹筋ローラーって何回やることがおすすめですか?
ダンベルさんは、毎日腹筋ローラーをしていますか?

という内容でした。

忙しいサラリーマンの方の場合、
たった10分のトレーニングであっても、
毎日トレーニングをすることは難しいですよね。

私の場合、自分に甘いので、
ついついトレーニングをさぼりがちです。

私のような続けられない方の場合、
あることを意識してトレーニングをすると、
さぼりながらも腹筋を鍛えることができます。

Sponsored Link

腹筋ローラーのおすすめの回数とは?

通常のトレーニングをされている場合、
12回1セットで、3セット行うなどなど
決めていらっしゃる方もいると思います。

私の場合ですが、回数も決めていませんし、
セット数も決めていません。

以前は回数を決めて、トレーニングをしていましたが、
体調やモチベーションによって、
限界値は毎日異なります。

昨日は、ものすごくガンガンできたけど、
今日は、全然トレーニングできないな。

ってこと、ありますよね。

だからこそ、トレーニングの回数を
無理に決める必要はありません。

意識するべきことは、回数ではなく、
いかに腹筋を使って、疲れさせるのか?という事です。

回数ではなく、腹筋へ効かせることが
ものすごく重要なんです。

そのために意識することは、姿勢です。

こちらの記事を見ておいてください。
腹筋ローラーを最も効率的に効かせるための
姿勢をこちらの記事で公開しています。

腹筋ローラーは使い方が大切。間違った使い方をすると・・・

ただ、回数という目標があったほうが、
トレーニングもはかどりますし、
達成感も感じやすいです。

私のおすすめは、12回1セットです。

別に根拠はありませんが、
10回で大体限界に来ますよね。

そこから2回、限界値以上に挑戦することで、
より腹筋に聞かせることができると思うんです。

腹筋ローラーの強度をどんどん高める

バキバキの腹筋を手に入れるためには、
徐々に強度を高めていくことが大切です。

同じことをしていても、現状維持ですから、
劇的に肉体を変えることはできません。

そこで、私がおすすめしたい方法は、
腹筋ローラーを立って行う、通称「立ちコロ」です。

通常の腹筋ローラーは、膝をついて行います。
これが通称「膝コロ」です。

「膝コロ」で物足りなくなってきた場合は、
徐々に立ちコロに移行していくことをおすすめします。

回数を増やしてしまうと、
継続させることが難しくなります。

だからこそ、少ない回数で高い強度で取り組むといいです。

間違っても、初めから「立ちコロ」はしないでください。
確実に腰を痛めることになります。

トレーニングを積んでいくことによって、
膝つきの腹筋ローラーを続けていけば、筋力が上がり、
立ちコロもできるようになります。

しかし、動画のグレートサイヤマンはすごい腹筋ですね。

Sponsored Link