筋トレするならこれは買っておけというツール

[記事公開日]2014/03/19
[最終更新日]2015/06/19

このブログでは自宅筋トレをメインにお話をしていますが、

自宅でのトレーニングを順調にこなしていくと、

トレーニングジムに行く機械も多くなってきます。

 

今でこそ、自宅トレーニングが多いんですが、

大学時代を含めてトレーニングはジムで

みっちり行っていたんで、

ジムで役立つ買っておけってツールをご紹介します。

 

自宅トレーニングでも役立つものなので、

余裕があるのなら手に入れておくと、トレーニングもはかどりますよ!

 

Sponsored Link

腰を強烈にサポートしてくれるベルト

トレーニングジムに行くと、ジムで使っている人を見かけるかもしれません。

ベルトなんていらないよ!と思われるかもしれませんが、

デッドリフトやスクワットなど、腰に負担のかかるトレーニングには、

このベルトは欠かすことができません。

 

特にスクワットをやっていると脚には負荷がかけられるけど、

体感が支えきれなくて・・・ってこともありますし、

腰痛を防ぐ意味でもすごく役に立ちますから。

 

わたしのおすすめは、断然レザータイプのベルトです。

始めは、慣れないかもしれませんが、

徐々に自分の体に合った形に変わっていきますので、

違和感のない使用感で使う事ができます。

 

これは、本当に手に入れておいた方がいいアイテムです。

 

限界まで追い込むことができるグリップ

続いてはこちらのパワーグリップです。

なかなか聞きなれないアイテムかもしれませんが、

これも手に入れておいた方がいいアイテムです。

 

ダンベルを使ったトレーニングをしている時、

このアイテムのすごさを感じることができますよ。

例えば、腕(二頭筋)を鍛えるためにダンベルでトレーニングをしていると、

効かせたい所よりも先に、握力がなくなってしまう事があると思います。

 

それを防いでくれるのが、このパワーグリップです。

これは、言葉ではなかなか伝えることができないので、

ぜひ、手に取って感触を確かめて頂きたいです。

それくらいおすすめのアイテムです。

 

そんな時にこのアイテムがかなり力強くサポートしてくれます。

チンニング(懸垂)をしているときも役に立つアイテムですね、これは。

 

ぜひ、手に入れておいていただきです。

こちらでご紹介した2つのアイテムは、

ぜひ手に入れておいていただきたいです。

 

冒頭でもお伝えした通り、ジムでも自宅でも役に立つアイテムですから。

特に、腰に不安がある場合は、腹筋で体感を鍛えながら、

こちらのベルトでサポートする事で腰痛を防ぐ事ができます。

 

腰を痛めると本当にきついですからね。

さらに、パワーグリップですが、こちらも優れものです。

 

パワーグリップがあると、限界まで追い込むことができるので、

トレーニング効率がアップする事は言うまでもありません。

 

ぜひ、参考にしてください。

Sponsored Link